公演情報

ホーム > 公演情報 > 『かずさ映画・イン・君津!』 キミサラズ×メイド・イン・ヘヴン ★カマチ氏による舞台挨拶あり!

【公演・チケットに関するご注意】
・車椅子席をご利用の方は事前にお問合せ下さい。
・特に記載のある場合を除き、未就学児の入場はご遠慮下さい。
・お客様のご都合によるチケットの払い戻しや交換はいたしません。


映画

『かずさ映画・イン・君津!』 キミサラズ×メイド・イン・ヘヴン ★カマチ氏による舞台挨拶あり!

公演日
2022年7月15日㈮
時間
①キミサラズ/②メイド・イン・ヘヴン

①12:30~(キミサラズ)
②14:30~(メイド・イン・ヘヴン) 
①16:30~(キミサラズ)
②18:30~(メイド・イン・ヘヴン)
※各回終了後にカマチ氏による舞台挨拶あり

◆開場は開演20分前
会場
中ホール
料金
全自由席
一般900円/高校生以下500円
※チケット1枚につきいずれの上映会にも入場可能【2作品鑑賞も可能】
備考
★★好評発売中★★

 

※車椅子をご希望の方は君津市民文化ホールまでご連絡ください。

【プレイガイド】
君津市民文化ホール TEL.0439-55-3300

木更津高校OBを中心に木更津の有志が集まり「木更津から世界へ!」を合言葉に、故郷木更津・上総の文化発展の為に「かずさ映画製作委員会」を発足した。
映画『カマチョップ』(2007年/松本庵路監督)を製作、出演し、劇場公開後、ニューヨーク・東京フィルムフェスティバルにて上映したカマチ(旧小糸中・木更津高校出身)がプロデューサー、共同脚本、出演の3役を務めたオール木更津ロケ映画『キミサラズ』(2017年/井川広太郎監督)を下北沢トリウッドにて公開。
そして2019年、あらたに故郷・木更津の風景を生かしながらファンタジックで心温まる映画『メイド・イン・ヘヴン』の撮影を敢行した。キャストは数々の名作ドラマに出演してきた手塚理美と国広富之がどこか不思議な世界で再会する夫婦を、堤下敦(インパルス)がコミカルな酒屋の青年役を演じる。さらには下條アトム、冨樫真、佐々木心音、副島淳など実力、バラエティに富んだ役者陣が出演。
2021年、本作は「島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭」にて特別招待作品として上映された。

<上映作品>
かずさ映画製作委員会第一回作品
『キミサラズ』(84分)

木更津を舞台にした歌舞伎の演目「与話情浮名横櫛」や君津市出身の画家・柳敬助の数奇な運命をモチーフに描いた、画家と初恋の女性の時空を超えた恋の物語。
出演:長曾我部陽子/カマチ他
監督:井川広太郎

かずさ映画製作委員会第二回作品
『メイド・イン・ヘヴン』(88分)

木更津(天国)で繰り広げられる夫婦のちょっと不思議なラヴストーリー。
先日(5月8日)には多くのお客様にご覧いただきました。好評につき、再上映。
出演:手塚理美/国広富之/佐々木心音/堤下敦(インパルス)他
監督:丹野雅仁

【メイド・イン・ヘヴン 公式ホームページ】

Ⓒかずさ映画製作委員会

主催:かずさ映画製作委員会 080-3095-0911
後援:君津市