公演情報

ホーム > 公演情報 > 映画 > 映画「椿の庭」上映会

【公演・チケットに関するご注意】
・車椅子席をご利用の方は事前にお問合せ下さい。
・特に記載のある場合を除き、未就学児の入場はご遠慮下さい。
・お客様のご都合によるチケットの払い戻しや交換はいたしません。


映画

映画「椿の庭」上映会

公演日
2021年11月26日(金)
時間
4回上映 (各回入替制/128分)
①9:45~ ②12:45~ ③15:45~ ④18:50~
会場
大ホール
料金
全自由席
 ・一般900円
 ・高校生以下500円
※未就学児の入場はご遠慮下さい。
備考
※当日券のみ。前売券の販売はありません。

第42回モスクワ国際映画祭 正式出品
第2回江陵国際映画祭 オープニング作品

写真界の巨匠“上田義彦”映画初監督作品
色あせることのない家族の絆の物語

【あらすじ】

葉山の海を見下ろす坂の上の古民家を移築した一軒家。絹子の夫の四十九日の法要が行われた。法要のあと、東京から参列した娘・陶子は、年老いた母がいまだ、姉の娘の渚と二人きりでこの家に暮らし続けていることが気が気でない。東京のマンションで一緒に暮らそうと勧めるが、絹子は長年家族で暮らした思い出深いこの家から離れるつもりはない、と言う。

よく丹精されたその家の庭では、四季の移り変わりにあわせ、花が変わり、海からの風も変わり、季節を全身に浴びるように感じることができる。今日も近づく夏の気配を感じながら、朝食をとる二人。

梅雨
激しい雷雨に藤棚の花が散り、やがて雨蛙が現れだした頃、渚が家に帰ると、玄関に見慣れない男物の靴が……。絹子は相続税の問題で、訪ねてきた税理士からこの家を手放すことを求められていた。絹子の悲痛な表情に胸を痛める渚。

盛夏
お盆に訪ねてきた夫の友人と、若い頃の思い出話に花を咲かせる絹子。渚は、このところ元気のなかった祖母が久しぶりに見せた笑顔に安堵する。だが、その直後、絹子は過労から倒れ込み、病院に担ぎ込まれる。

そして季節は秋から冬へ……絹子にも、渚にも、人生の新しい決断の時が迫っていた。

 

監督・脚本・撮影・編集 上田義彦

 

出演:キャスト 富司純子/シム・ウンギョン/田辺誠一/清水綋治/チャン・チェン(特別出演)/鈴木京香 ほか

 

【公式HP】https://www.bitters.co.jp/tsubaki/

©2020 “A Garden of the Camellias” film partners

↓ ↓ 「椿の庭」予告動画 ↓ ↓